【ノーサイドゲーム6話を見逃した!】8月18日放送の動画を無料視聴する方法

\今すぐ見るなら30日間無料のParavi!

無料体験してみる

♪TBS・テレ東・WOWOWの番組を見るならココ!

テレビっ娘
「ノーサイド・ゲーム」はTBSの公式動画配信サービスParaviで1話から随時配信中!30日間のお試し期間中は完全無料で利用できるの!継続利用しない場合の解約も簡単で安心♪

こちらの記事ではParavi以外の動画配信サービスについてもまとめていますが、「ノーサイド・ゲーム」を見逃したなら、Paraviで視聴するのがおすすめですよ。


\Paraviのココがおすすめ!/

 TBS・テレビ東京・WOWOW・日経・電通・博報堂6社が組んだ圧倒的なメディアパワーで独占配信番組多数!TBS・テレビ東京のドラマが見れるのはParaviだけ!

 テレビ東京の経済番組やドキュメンタリー番組も豊富!最新ニュースに加えて株価や為替の情報もチェックできる!

 1アカウントにつき家族7人まで登録可能で割安に♪

※2週間の無料お試し期間が過ぎると月額925円(税抜)かかります。


ノーサイド・ゲーム6話を見逃した方へ

放送後1週間以内の視聴方法

テレビっ娘
※1週間以内で見逃し配信は終了するから、その後は公式動画配信サービスParaviを利用してね。

1話〜最終回まで視聴する方法

テレビっ娘
Paraviなら過去放送分〜最新話までフル視聴可能!

動画配信サービスでの配信状況

こちらの表には、主な動画配信サービスでの「ノーサイド・ゲーム」の配信状況をまとめています。

サービス名 配信状況 ポイント数 無料期間
Paravi 見放題 なし 30日間
U-NEXT × 600円 31日間
FOD × 最大1300円 1ヶ月間
× 540円 30日間
music.jp × 動画1500円/その他961円 30日間
TSUTAYA TV × 1080円 30日間
hulu × 無課金制度 14日間

表を見ての通り、「ノーサイド・ゲーム」が配信されているのはParaviのみです。

TBSの番組は基本Paraviで独占配信されるので、ドラマ放送期間中に他の動画配信サービスで配信されることはほぼありません。

PandoraやDailymotion、miomioや9tsu等で視聴できる場合もありますが、全て違法アップロード動画なのでウイルス感染や悪質な広告等に悩まされる危険性があります。

テレビっ娘
私も昔はタダで見れるから使ってたんだけど、画質は悪いし変な広告も多いから今は公式サイトを利用してるわ。ウイルスや個人情報抜き取りの心配なんかもあるし、何より違法だものね(汗)

推奨されているものではないので、動画視聴の際はParaviなどの公式サイトを利用するようにしましょう。

再放送等の情報はこちらの記事をご覧ください。

【ノーサイドゲームを見逃した!】1話〜最終回までの動画を無料視聴する方法と再放送情報まとめ

ノーサイドゲーム6話のあらすじ

サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。
数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。
自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。

※公式サイトより引用

ノーサイドゲーム6話のネタバレ

優勝決定戦で敗れたアストロズは翌年度の存続が危ぶまれたが、社長の引責辞任もあり得る役員会での決着で存続が決定。しかし君嶋はGMから本社への異動を提示され、存続するアストロズに暗雲が。それでもやはり君嶋はアストロズを次年度優勝させて勇退を希望。ラグビーのプラチナリーグ改革をも必死に模索する君嶋は、アストロズの人気をアップさせて収支改善を計画、そのためにファン感謝祭を開催。そこで開かれた紅白戦に、遂にニュージーランドから帰国してトキワ自動車に入社した七尾が出場、とんでもないドロップキックを立て続けに決め、控え選手チームの勝利となった。そこにエース浜畑のサイクロンズ移籍を匂わず空気が・・・

遂にラグビー部入部を決めたニュージーランド帰りの新人七尾。紅白戦での鮮烈なデビューとなり、隠しカメラを通して試合を見ていたサイクロンズの津田監督は驚きを隠せない。それでもその裏で進めていた浜畑のサイクロンズへの引き抜きが始まる流れが見え、池井戸潤のお約束のストーリーになってきている。七尾のとんでもない活躍がおそらく次年度のアストロズをさらに強いチームにしていくと期待され、ルーズベルトゲームで見た工藤明日香演じるピッチャーのスカッとするシーンと重なる。客席にも次年度は七尾の活躍を見たくてファンが押し寄せることだろう。

ノーサイドゲーム6話の感想

視聴者の感想

(40代・女性)
やはりラグビー選手は会社の工場やオフィスで働いているときよりも好きなラグビーをしているときの方がきらきらしていてかっこいいと思いました。試合でぶつかりあうシーンやボールをパスする姿はとてもわくわくしました。

来週はどうやら主力メンバーが他の強敵ライバルチームにひきぬかれてしまいそうです。彼はチームのまとめ役であり、みんなからとても信頼されている存在なので、どうしてそんなことになったのかが気になります。ライバルチームにいってしまうのか心配です。


(30代・女性)

今回ははアストロズが破れてからの、次のシーズンがまずどうなるかハラハラしたが、優勝を条件に社長の進退をかけ、なんとか存続することになって複雑だがひとまず安心した。ただ、滝川常務からのプレッシャーがますます強くなり、アストロズがギリギリのところまで追い詰められているが、それに屈しない選手や君島の強さに心を打たれる。また、七尾が入部し、新生アストロズが誕生したところで話は終わるのだが、続きが気になり来週が来るのが待ち遠しい。


(20代・女性)

アストロズGMの、ラグビー協会上層部に「ラグビー協会ま変わらなければいけない!私はラグビーが嫌いなんで、このラグビー協会から干されようが痛くも痒くもない」と啖呵をきったシーンが一番印象に残りました。スカッと気持ちよかったです!


(50代・男性)

日曜劇場の池井戸潤作品をドラマ化するスタッフ、特に監督、脚本の伊與田さんと福澤さんは作り方がとてもうまい。前作の集団左遷とはカメラ回しやカット割り、話の流れが全く違う。真剣な場面と、大泉洋らしさを出して笑わせる場面のバランスも良く、毎週楽しみ。話の本題とはずれるが、印象に残ったセリフは買収される側の風間社長の「早く引退したい」というもの。早く責任を取る立場から逃げて社会からの批判を受けないようにしたいと思っているフシが感じられ、それを大学同期の滝川常務が気づくのか? 数々の池井戸作品でのこの手の立場の人は最後に失脚しているので、滝川常務も?


(30代・男性)

専務と君嶋が戦った、解決しなければならない問題が分かっていながら、何もしない、何もできないのであれば、GMとして何の仕事をしているのかという、厳しい問いかけをされ、反論できない君嶋でもあった。君嶋さんが、本社復帰の話を断り、ラグビー部のGMとしてあと1年戦うことを決意したシーンは、胸が熱くなった。毎回どこかに胸が熱くなるシーンがあり、好きなドラマです。


(60代・男性)

今回は内輪話が見られて特に面白かったのではないでしょうか。他の企業スポーツを抱えている関係者にも大いに参考になったと思います。最後にキャプテンの浜畑がトライまであと一歩のところを新人で2軍の七尾がノッコンに持ち込み阻止した場面が一番印象に残りました。セリフとしては折角本社に帰るチャンスだったのに、それを振った君島GMの「負けたままでは終われない」が印象に残りました。

公式サイト・SNS