【科捜研の女(Season19)13話を見逃した!】8月15日放送の動画を無料視聴する方法

サービス名 配信状況 ポイント数 無料期間
ビデオパス 見放題 540円 30日間
U-NEXT × 600円 31日間
FOD × 最大1300円 1ヶ月間
× なし 30日間
music.jp × 動画1500円/その他961円 30日間
TSUTAYA TV × 1080円 30日間
hulu × 無課金制度 14日間

表を見ての通り、「科捜研の女Season19」が配信されているのはビデオパスのみです。

テレ朝の番組は基本ビデオパスで独占配信されるので、ドラマ放送期間中に他の動画配信サービスで配信されることはほぼありません。

ちなみにPandoraやDailymotion、miomioや9tsu等で視聴できる場合もありますが、全て違法アップロード動画なのでウイルス感染や悪質な広告等に悩まされる危険性があります。

テレビっ娘
私も昔はタダで見れるから使ってたんだけど、画質は悪いし変な広告も多いから今は公式サイトを利用してるわ。ウイルスや個人情報抜き取りの心配なんかもあるし、何より違法だものね(汗)

推奨されているものではないので、動画視聴の際はビデオパスなどの公式サイトを利用するようにしましょう。

\今すぐ見るなら30日間無料のビデオパス!

無料体験してみる

♪見放題プランでお得にイッキ見!

テレビっ娘
「科捜研の女Season19」はテレ朝の動画配信サービスビデオパスで1話から随時配信中!30日間のお試し期間中は月額料金が無料なの!継続利用しない場合の解約も簡単で安心♪

こちらの記事ではビデオパス以外の動画配信サービスについてもまとめていますが、「科捜研の女Season19」を見逃したなら、ビデオパスで視聴するのがおすすめですよ。


\ビデオパスのココがおすすめ!/

 業界最安値!継続利用しても月額562円(税抜)で見放題動画多数!テレ朝のドラマが見れるのはビデオパスだけ!

 新作映画やレンタル作品に使えるビデオコイン540円分が毎月もらえる!映画館で最新映画がお得に観れる会員特典も♪

 ダウンロード機能付きで外出先でもドラマ・映画・アニメ・バラエティ番組等が楽しめる!

※2週間の無料お試し期間が過ぎると月額562円(税抜)かかります。


科捜研の女13話を見逃した方へ

放送後1週間以内の視聴方法

テレビっ娘
※1週間以内で見逃し配信は終了するから、その後は公式動画配信サービスのビデオパスを利用してね。

1話〜最終回まで視聴する方法

テレビっ娘
ビデオパスなら過去放送分〜最新話までフル視聴可能!

再放送情報等を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

【科捜研の女Season19を見逃した!】1話〜最終回までの動画を無料視聴する方法と再放送情報まとめ

科捜研の女13話のあらすじ

 宇治川のほとりで、宇治茶の老舗“久住茶寮”の職人・橋本俊介(川野直輝)の遺体が発見された。榊マリコ(沢口靖子)らが検視した結果、死因は鈍器で頭部を殴打されたことによる“急性硬膜下血腫”と判明。しかし、殴打されてから死亡するまで1時間ほど空いており、どこか別の場所で襲われた後、自身の足で移動し、遺体発見現場で息絶えたものと思われた。また、遺体のズボンのすそ部分に数種類の細かい茶葉が付着していたが、職場である“久住茶寮”が扱っている茶葉とは一致しなかった。

“久住茶寮”主人・久住博之(藤田宗久)とその妻・花枝(萩尾みどり)に事情を聴いたところ、元職人・角倉長治(松澤一之)が捜査線上に浮上。ギャンブル好きの角倉は、足を洗うと久住らに約束したにもかかわらず、こっそり賭けマージャンに興じているところを橋本に見つかり、5年前に解雇されたという。

その角倉が、1年ほど前から京都で緑茶カフェを開いていたことが判明! カフェで使われている茶葉を調べるため、マリコはお茶に詳しい宇佐見とともに店を訪ねるが、宇佐見は角倉から「茶の道をなめている」とたしなめられてしまい、すっかり消沈してしまう…。

そんな中、“宇治茶グランプリ”が開催され、久住は自身が合組(ごうぐみ=ブレンド)した茶を出品する。ところがその会場に角倉が現れて…!?

※公式サイトより引用

科捜研の女13話のネタバレ

老舗のお茶屋・久住茶房のスタッフ・橋本が殺害され、どうやら、解雇されたスタッフ・角倉が容疑者として浮上します。

しかし、差し押さえた証拠物件からはなかなか核心部分が出てこないので、焦りの色がにじみ出てくる展開となっていました。そんな折、お茶のグランプリを決める大会が行われることに。

角倉がお茶の葉をすり替えようとしていることが発覚したものの、取り押さえることが出来ませんでした。

さらに捜査を進めていくと、久住茶房の主人が味覚障害を患っており、角倉と橋本が裏で協力してお茶を作成していたことが判明します。

残されたお茶の缶から、証拠が出てきました。

角倉と恋仲になっていたカフェの資金を融資した女性が橋本を強引に自宅へ誘い、そこで口論となり撲殺。

残った茶筒と頭部に残されたトロフィーの破片から、女は逮捕され事件は解決したのです。

科捜研の女13話の感想

口コミ

(40代・男性)
京都の宇治茶を軸とするあたりが興味深いと思いました。京都に何らかの関係があるものが軸となると、余計にそそられます。今シリーズはそういったことが以前に比べて多いので、今まで以上に興味がわいてくるストーリーでした。

葬儀会社のスタッフを相手に難事件が待っています。火葬場まで行って捜査をするあたりが科捜研らしいと思いました。火葬が始まっても、途中で中止して捜査を開始するつもりなのでしょうか。それでも解決するあたりがすごいと思います。


(30代・女性)
お茶通の宇佐美さんが、門倉にお茶をなめているといわれて、ペットボトルを出すところが少し悲しかったです。代わりにというわけではないのでしょうが、マリコさんがビーカーなどを使ってお茶を入れているところが不気味でした。あのお茶は絶対飲みたくない!

遺体を解剖させてくださいと言っていたのに、火葬場を鑑定しているシーンがあったので、解剖を断られたのかなと感じました。最後マリコさんが「早く止めて、凶器が焼かれる」と言っていたので、遺体もしくは棺に凶器があるのかなと思います。


(50代・女性)
珍しく京都らしいお話でした。お茶に詳しくいつも科捜研で日本茶を淹れている宇佐美研究員(風間トオル)が、門倉にお茶を知らないと言われてショックを受け、科捜研を訪ねてきた解剖医の風丘先生(若村麻由美)にペットボトルのお茶を出す所が面白かったです。

墓場まで持っていきたい秘密を守る”秘密屋”と噂される女性葬儀プランナーが登場する、とのことで気になります。次のお話は風丘先生の出番も多そうで、マリコも含めた女性同士の知恵比べになるのだろうな、と楽しみにしています。

公式サイト・SNS